apron2019’s diary 

誰もが来やすいカフェを作ることにしました。一般社団法人エプロンのブログ

話せる時に話しておけばよかった…よなぁ。

f:id:apron2019:20211228010456j:plain

こんにちは

介護支援推進担当 松原です。

年末ですね。

私が勤めるデイサービスは

30日まで営業します。

母を在宅でみていた時は

年末年始はちょっとだけ気の重い季節でした。

通っていたデイサービスは

年中無休だったから

12月31日まで営業していて

1月1日からあいていたけれど

何となく、お正月の2日くらいまでは

家でゆっくり過ごしたいかなと

デイサービスはお休みにして

母は私の家でお正月を迎えていました。

私以外の家族は主人の実家に帰省して

賑やかなお正月。

私は母と2人きりで

向き合うお正月。

お参りに行ける頃はまだよかったけれど

外に出る事が難しくなってからは

息がつまる時間でした。

おせち、お雑煮、母が食べられるように

刻んだり、小さくしたり

時間をかけてだしても

美味しくないねぇと言われ

イラっときたり…

リハパンの処理

汚れた様々な物の洗濯、掃除など

介護の毎日は

お正月でも変わらず

続くのです。

今考えると

いろんな手を借りたり

サービスを使って

もう少し、楽しむこともできただろうに

と思うけれど

あの頃のわたしには

そんな余裕はなかったのでした。

年末年始、今年は

帰省される方もいらっしゃいますね。

ご両親の生活の変化を

体感するチャンス!

変化を早めに気づけば

今の生活を続けていくことが

可能になるのです。

話ができるなら

ご自身の生まれた頃の話し

小さかった時の話し

親戚の話し

ご両親の今の暮らしの話し 

アルバムでも見ながら

してみてください。

今なら

沢山のことが

聞けると思います!

わたしには

もう聞けません。

そうなってからでは…

遅いのです。

母と過ごせた

はなしができたあの頃に

きいておいたらよかったなと 思うことをまとめたのが

エプロンで販売している

「伝えあいノート」です。

介護なんてまだまだ先だと思っていた

わたしの話し

エプロンを作るきっかけ

伝えあいノートの活用の仕方など

年明けにお話ししたいと思います。

介護のいろは 特別編

介護は突然やってくる⁉︎

〜伝えておこう、お互いの気持ち〜

1月15日(土) 10:30〜

      14:30〜

の2回です。

お申し込みは お電話047-779-4662 フォームからどうぞ! https://reserva.be/apron/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=40eJwzMjU1MjMBAARFATk