apron2019’s diary 

誰もが来やすいカフェを作ることにしました。一般社団法人エプロンのブログ

初めまして!

こんにちは、初めまして

エプロンスタッフのガーベラです

 

私にはA吉(中3)とB作(小4)

二人の息子がおりまして

A吉は中学校1年生の夏休み明けから不登校になりました

 

A吉が不登校になった直後に

エプロンカフェでお仕事をするご縁をいただきました

本当にA吉の不登校がきっかけですから

ご縁とは不思議なものですね

 

 

これからブログを通して

 

*A吉の経過・私の気持ちや対応不登校日記)

*日々の出来事

 

主にこの2つの柱で書いていきたいと思います

 

 

ブログで書く我が家の出来事は

不登校のほんの一例です

二人として同じ人はいません

それでも、誰かの参考になったり

誰かを頼ってみようと思っていただける方がいると

嬉しく思います

 

 

【はじめに】

 

A吉はいじめと体罰が原因で

(その他にも原因があったのかも知れません)

不登校になりました

学校へ行かなくなってから2年半が経ちましたが

不登校になったことで

本人と家族の葛藤や苦悩・不安がたくさんありました

 

 

A吉が少しずつ前を向いて歩き始め

高校受験を決め、進学先が決まった今でも

将来、自立した大人になれるのかなと

心配や不安は尽きません

また、家族とA吉の関りに関して言うと

今まで対応した中で何が良かったのか

この先どのようにしていったら良いのか

はっきりしたことは分かりません

 

 

ただ、『大人は待てない生き物』という事と

『人を傷つけるのは人で、人を助けるのも人』

この2つははっきりと分かりました

 

 

今までターコイズカフェや

不登校の子を持つ親のお話会)

他の不登校の親の会でお会いしたお母さんに

不登校の子どもと接する際に

「子どもを待ってあげてください。」

と言われるけれど

「待つってどういうことですか?」

と、よく聞かれます

それだけ大人は待つことができません

 

 

私自身、胸を張って『待てる大人』とは思っていませんが

A吉の不登校に関して言うと

『待つ』ことを頑張ってきていると思っています

 

 

『待つ』というのは

一つのキーワードになるのではないかと思っています

 

今までも『待つ』ことについては考えていましたが

これからもブログやターコイズカフェなどを通して

考えて行きたいと思っています

 

 

これからもどうぞ宜しくお願い致します

 

 

そして、エプロンカフェでは毎月

ターコイズカフェ

不登校の子を持つ親のお話会)

を開催いたします

今、不登校でお悩みの方も、不安がある方も

話すことで

何かが変わるきっかけになるかも知れません

 

 

ターコイズカフェは解決する場所ではありませんが

きっかけ作りの場所になりたいと思ってます

 

 

ターコイズカフェ】

不登校の子を持つ親の会)

1,000円(ワンドリンク付き)

場所:エプロン高根公団カフェ

 

3月18日(金)10時~12時

4月9日(土)14時~16時