apron2019’s diary 

誰もが来やすいカフェを作ることにしました。一般社団法人エプロンのブログ

不登校日記…vol.1

こんにちは、ガーベラです

A吉の不登校日記を少しずつ書いていきます

A吉の簡単な経緯につきましては

こちらをお読みください

初めまして! - apron2019’s diary (hatenablog.com) 

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

不登校日記…vol.1】


A吉の入学した公立中学校は

同じ小学校から入学した生徒が少なく

入学した中学の同じクラスに

一緒の小学校から行った男子は

一人もいませんでした

 

もともととても緊張するタイプの子でしたが

中学校生活は楽しみにしていたようです

 

入学してから1か月が経った5月中旬

私は部活が始まり、A吉が楽しく中学校生活を

送っているのだろうなと思っていたのですが

A吉は朝に腹痛を訴えるようになりました

 

登校すると

早退することなく

部活を終えてから帰宅をするので

私は疲れが出ている

としか思っていませんでした

 

5月下旬に入り、腹痛の頻度が増え

病院へ行くようになりました

医師から

過敏性腸症候群ですね。」

と、投薬を受けましたが一向に良くならず

学校を休む日が出始めました

学校を休んでも

午後になると調子は良くなりました

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

その頃の私の気持ちとしては

頻回に言われる腹痛と通院で

自分の予定が狂ってしまうために

イライラしていました

 

欠席をしても

午後になると元気になるA吉に対して

内心

「何なの!」

と、怒りを持った気持ちでした

 

学校へ行って欲しい

もっとしっかりして欲しい

という気持ちで溢れ

A吉の話をしっかり聴いてあげようとは

少しも思っていませんでした

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

A吉のこの時の状態は

精神的な原因による

『腹痛』『行き渋り』です

これは不登校の前段階として

よく見られる状態です

 

不登校に関する本を読むと

この段階の対応が大切と書いているものが

多くありますが

この段階で

不登校への移行を連想する人は

多くないのではないでしょうか

 

私も、今振り返るとこの状態が

不登校の前段階だったことに気づきます

 

気付くことが遅かったことで

自分を責めている方らいるかも知れません

でも、気付かなかったことが

明らかな過ちだとは思っていません

 

親は自分の対応について責めてしまいますが

過去より今、これから

大切だと思っています

 

続く…

 

エプロンカフェでは毎月

ターコイズカフェ

不登校の子を持つ親のお話会)

を開催いたします

今、不登校でお悩みの方も

不安がある方も

話すことで

何かが変わるきっかけになるかも

知れません

 

 

ターコイズカフェは

解決する場所ではありませんが

きっかけ作りの場所に

なりたいと思ってます

 

 

ターコイズカフェ】

不登校の子を持つ親の会)

1,000円(ワンドリンク付き)

場所:エプロン高根公団カフェ

 

3月18日(金)10時~12時

4月9日(土)14時~16時