apron2019’s diary 

誰もが来やすいカフェを作ることにしました。一般社団法人エプロンのブログ

不登校日記…vol.2 体罰

こんにちは。ガーベラです。

これまでの記事は

不登校日記(記事一覧) - apron2019’s diary

こちらをご覧ください。

 

*****************************************

不登校日記…vol.2】

 

6月のある日

A吉は家に帰ってくると

「お母さん、○○先生って力持ちなんだよ!」

と、笑って言いました。

その内容を聞くと

「僕の(左右の)こめかみのところを

(グーの両手で)持って

僕の身体を持ち上げられるんだ!

でも、まだ頭が痛いんだよね。」

 

えっ!?

 

私は怒りに近い驚きで

それってめちゃくちゃ痛いやつじゃない

何でそんな事するの?

と、思いました

でも、A吉が笑って言うので

その時は何も言えませんでした

 

それから、2週間経ち、3週間経ち…

その教師が行った行為は

*先生から怒られて行われた行為だったこと

怒られた理由は

A吉が授業中に私語をしていた

クラスメイトに注意をしたのを

先生はA吉が私語をしたのと

勘違いして怒られたことが

原因だったこと

が分かりました

 

A吉は体罰を受けていたのでした

そして、先生はA吉が授業中に

話をした理由を全く本人に

聞いていなかったようで

頭ごなしに体罰を行ったのでした

 

事の顛末が分かるまでに

1か月の時間を要しました

A吉の中ではショックで

自分の気持ちを整理できなかったのだと

思います

 

更に、ある日…

中学校の担任から電話が掛かってきました

その内容から私はA吉が

クラスメイトからいじられるターゲットに

されていることを知りました

 

A吉としては決して親には知られたくない

内容だったと思うのですが

私はA吉と話し合い

学校とも話し合いました

 

話し合いの中で学校はA吉を守ると

言ってくれました

 

夏休み前の数週間

A吉は何とか学校へ通っていました

 

***************************************

 

A吉がいじめに遭っていた頃は

何故子どもは、いじめや体罰など

自分に起こったことを

話さないのだろうか?

話しちゃった方が楽じゃない?

とても疑問に思っていました

 

A吉が不登校になり

その後の彼の言動からの

推測ではありますが

この様に思いました

 

① 頭の中が混乱し

 言葉にすることができない。

② 大人以上に語彙が乏しく

 気持ちを言語化できない。

③ 子供自身のプライド

  (自分がいじめられっ子として

 惨めになってしまう。

 いじめられっ子を認めたくない。

 親に迷惑を掛けたくない。)

④ 思い出すこと自体が辛い

 

様々な要因が絡み合い

言葉に出すこと自体が

できないのだろうと思います

 

親は子どものSOSに遭遇した際

何か一つを改善したら

頑張れるのではないか

子ども自身がもうちょっと強くなったら

何とかなるのではないかと

思ってしまうかも知れません

 

それは親が子どもよりも倍以上の時間を生きて

色んな経験をしたから

そう思えるのだと思います

 

子どもの世界はまだまだとても狭くて

子どもだからこその真面目さがあって

目の前のことが子どもの世界

「今」を一生懸命に生きているから

なのだと思います

 

*********************************

 

エプロンカフェでは毎月

ターコイズカフェ】

不登校の子を持つ親のお話会)

開催しています

 

安心安全な場で気持ちを話して放して

リフレッシュされませんか?

 

参加されることによって

解決を目指すものではありません
ただ同じ様な境遇にある

保護者の皆さんとお喋りすることで

元気になったり

何か気づきのきっかけになれたら幸いです

 

ターコイズカフェ】

不登校の子を持つ親のお話会)

1000円(ワンドリンク付き)
場所:エプロン高根公団カフェ
4/ 9 (土)14時~16時

5/14(土)14時~16時