apron2019’s diary 

誰もが来やすいカフェを作ることにしました。一般社団法人エプロンのブログ

HELPサインを出しにくい

こんにちは

 

だちこです

 

先日、かかりつけの児童精神科に行ってきました

担当医師が変わり、最初の受診

緊張しましたが、良かったのは子供との対話を大事にして、最初に子供と話をしてくれたこと

こういった病院では保護者との近況相談になりがちなところ、

最初に子供に話しかけて、少しずつ関係性を構築しようと歩み寄ってくれる姿勢に嬉しく感じました

病院も医師と患者の相性はとても大事だと感じます

 

その後、私との話になる際も、「これから先生はお母さんとお話しても良いかな⁉️」と子供に同意を得てから始めてくれました

 

幾つか近況を伝えるなかで、春休みに海釣りに行った際の話をしました

 

その日、風の無いところではポカポカ陽気で気持ちの良い日でしたが、

海岸一帯は海風も強く寒いくらい、着込んで海釣りを始めました

 

結局 釣課はゼロで道の駅で休憩してから帰宅することに

息子は道の駅でアイスを食べました

車での移動も長距離の時は1時間毎にコンビニ等に立ち寄り休憩を挟むようにしています

その日は帰りも遅くなりそうだったので帰宅途中で夕飯を食べて帰ろうとしていました

途中、息子はあとどのくらいで着く⁉️と聞くことがありました

あと30分だよ、あと15分だよと今思えば何度も聞かれたように思います

ようやく食事場所に着くと息子はトイレに一目散に向かいました

席で待っていも中々戻らず、気になり個室へ声をかけるも大丈夫とだけ、私も席に戻り

その後中々子供はトイレから戻らず、さすがに何かあると思い、個室へ向かい
開けてごらんと声をかけました

結果はお腹がゆるくなって間に合わず、下着やズボンが汚れてしまい、その後処理をしていた様子

幸い海釣りに行くのに着替えを持っていたので、着替えることが出来ました

 

その時私が感じたのは

途中でトイレに行きたいと行ってくれれば幾らでも休憩に立ち寄ることも出来るのに、言えなかったのは

身体が冷えていたのにアイスを食べたことを叱責される事を恐れて言えなかったのかな

そんなことも発することも出来ないように私はさせているのかな

トイレに行けてからも、声をかけて1度目は大丈夫と返事をしてしまったのも

汚してしまった恥ずかしさや私からの叱責を恐れて言えなかったのかな

 

その事を医師に伝えてみました
医師は親であれば我が子がこうなって欲しい、学んで欲しいという期待からの発言は必要で、伝える事は決して間違いではないこと
その上で少しずつ本人が成功体験が積めるような声かけをしていかれたらより良いですね


まずはトイレに間に合わなかったとしても自ら急いで行けたことを認めて
「急いで行こうとしてたね」、車中でどのくらいかかるかを聞いたことを認めて
「聞いてくれたね」と本人の出来ていること、頑張ろうとしていたことを最大限認めて、褒めて伝えていきましょう、少しでもプラスに向けた本人の行動を拾って認めて伝えること

それを続けることで子供は【こう言う事をすれば良いんだ】、【こう言う事を伝えても良いんだ】、【もっと過ごしやすくなるのだ】と少しずつ理解して、HELPサインを出す間隔が短くなったり、伝える頻度があがってきますと

私自身これまでの子育ての中で、こうなって欲しい、こうであって欲しいという欲求を伝えていること
そのことが子供にとっては頑張ってるけど出来ない、それでも私から求められるというジレンマになっているのだろうと、

母である自分を責めたくなる気持ちがおきましたが、相談をする事で定点確認ができた事、決して間違ったことはしてないと確認できた事で気持ちのリセットが出来るなと感じています

そして私が救われたのは医師が私自身のやってきたことを否定せずに肯定的に受け止めてくれたこと、その上で子供に寄り添う上で出来そうなアドバイスをくれた事でした

 

********************************

これまでのだちこの記事履歴はこちらから

発達凸凹の子どもとの経験(記事一覧) - apron2019’s diary

 

********************************

 

 

エプロンカフェでは毎月

ターコイズカフェ

不登校の子を持つ親のお話会)

を開催しています

今、不登校でお悩みの方も

不安がある方も

話すことで

何かが変わるきっかけに

なるかも知れません

 

 

ターコイズカフェは解決する

場所ではありませんが

きっかけ作りの場所になりたいと

思ってます

同じ悩みを持つ保護者のお話を聞くだけでも、

ちょっと悩みを話すだけでも

終わる頃に少しでも心が軽くなれたら良いなと願っています

 

予約なくてもふらっと起こし頂くだけで大歓迎です

 

ターコイズカフェ】

不登校の子を持つ親のお話会)

1,000円(1ドリンク付き)

場所:エプロン高根公団カフェ

 

5月14日(土)14時~16時

6月11日(土)10時~12時

7月  9日(土)10時~12時