apron2019’s diary 

誰もが来やすいカフェを作ることにしました。一般社団法人エプロンのブログ

あれから4年、9/28は伝え合う日に…。

私事ですが、

本日は息子の誕生日。

と、いうことは

ちょうど、四年前のこの日に

主人が大動脈乖離で倒れたのだった。

あの日の私は

仕事はお休みで、

介護家族のお話会を開催する予定だった。

さぁ、出かけようとした時に

主人の会社から

電話が入った。

「ご主人が倒れました。

救急搬送します。

おそらく手術になります。

すぐに病院に来てください。」

そのあとのことは

もう夢中で

各所に連絡したことぐらいしか

覚えていないのだが…

 

一番印象に残っているのは

治療方針や、延命治療について

選択しなきゃいけなくなったら

どうしようと

いうことだった。

主人から

何も聞いていなかったから。

健康だった、体力自慢だった人が

倒れるなんて思っていなかったから。

介護もそうだが、

病気や看護も突然やってくる。

 

病院では

やはり尋ねられ

延命治療はしない方向でと

答えた。

主人の家族にどう伝えよう。

私じゃない誰かの命の選択をする

責任の重さに震えるほど

恐怖を感じたのだった。

 

ありがたいことに

主人は手術せずに済み

今では社会復帰している。

 

流石に2年くらいは

聞けなかったのだが、

旅に出かけた時に

今後のことを話し合った。

それは、今後の私たちのお守りみたいなものだ。

 

母の介護の際の経験と

この経験から作ったのが

エプロンの伝えあいノート。

 

エンディングノートではない。

今、大切な人に伝えておくこと。

伝えておきたいこと。

いまから、自分と家族

周りの人たちが

お互いの気持ちを伝えあい

幸せに生きるために

かきとめておくノートです。

 

9/28は

私の家族の伝えあいの日にしようと

思っている。