apron2019’s diary 

誰もが来やすいカフェを作ることにしました。一般社団法人エプロンのブログ

初ショートステイ終了

さて、

わが母、初ショートステイから

帰って来ました。

男性の送迎にはいつも不機嫌なのですが、

今日の方には珍しく愛想良く、

ありがとうとお礼をちゃんと言い

家の中へ

 

「いいところだった?」

と聞くと、

「うん、とってもいいところだった。

ごはんも美味しかったし、

とっても緑の多いところで、

みなさんとっても親切だった」

とべた褒め

 

ほほー^ ^

な返事です。

 

施設からの連絡帳によると、

夜中の3時ごろに

「自分はどうしてココにいるのか?」

と尋ね、

40分ほどスタッフの方とお話ししたそう

目覚めたら慣れないところで

混乱したんですね…

「お話しのあとは落ち着かれ、

再度入眠されました」と、ありました。

 

ワタシも出張先のビジネスホテルで、

夜中に目覚め、

一瞬??と思ったことがありました。

ああそうだ、と思い出せれば

問題ありませんが、

認知症だと、こうなってしまいます。

 

因みに 孫たちには、

「大阪へ行ってきた

同窓会だった

親の墓参りにも行った」

と、話したそう

 

何年か前に、

母の同窓会のために大阪へ行き、

お墓参りをしたことがありました。

その時はすでに認知症でしたが、

そのことを覚えていたようです。

 

認知症

ほんとに不思議です。

 

最後にワタシの感想ですが、

ショートステイは、

なかなか快適でした。

もちろん母はどうしているだろうか?

とは思いましたが、

時間の縛りから解放され

あれこれ気にかけたり

やったりしなくて良いことは、

かなりのストレス減でした。

日頃、母のために!

と、まったく張り切っていないワタシでも

こんなにラクだと思うのかー

だし、

機嫌良く帰ってきたからか、

罪悪感もゼロ

また使おう

そう思っています。

 

筆:まつえ

 

 

ショートステイ2日目

ショートステイ2日目

午後2時ごろ兄からLINE

 

今日はご機嫌で、

「ココは緑が綺麗だねー

ご飯も美味しいよ♪」

と、

昨日、どれほどぼやいたかは

すっかりお忘れのご様子だったと

連絡がありました。 

母のあまりの変化に

兄は拍子抜けしたそーです。笑

 

不思議な病気ですよね。

認知症って…

 

筆:まつえ

ショートステイ初日

実母を介護している友人から、

ブログ読んだ。

とても興味がある。

と、LINEが来ました。

ですよね…

ワタシも他のヒトの介護のことが

知りたい時があります。

さて、

昨日、9時半にお迎えにきてもらい、

ショートステイに行ったのですが、

11時には、兄からLINE

「突然山の中に連れてこられた。

 聞いてない」

と母から電話があったそう。

 

早いなー

まだ行ったばかりだろー

と、ワタシ苦笑いです。

 

母の荷物には、

ガラケーを一応いれときました。

開くと

兄と、母の姉

にボタン一つでかけられます。

兄にクレームすることを

まだ覚えていて、

電話もかけられて良かったな

と思いました。

 

母が混乱すること

なんか文句言うだろうな

は、想定内です。

もちろん、そこへ行くことは

何度も言いました。

 

夕方にも電話があったそうで、

「友達もいないし、

 何にもすることがない」

と、また怒っていたそう。

日頃は、

なんかしたらいいのにと思うほど

寝ているんですけどね…

 

筆:まつえ

ショートステイを利用することにしました

ようやく関東地方も梅雨入りとのこと。

雨がしょぼしょぼ降る中を、

ショートステイ先となる、

特別養護老人ホームの方が契約に来てくれました。

今週、二泊三日で、

わが母は、初めてショートステイを体験します。

 

ショートステイを利用する目的は2つ

私が旅行に行くとか、出張するとか、

帰ってこないことがあらかじめわかっていたら、

その間母を安心して預ける先が必要です。

 

もう一つは、

お互いに完全に離れる時間が必要だと感じたこと。

 

デイサービスは、保育園と違って、

7時までとか預かってはくれません…

なので、母がデイから帰ってくるまでにあれとこれを…とか、

7時には夕飯を食べさせなければ…とか、

寝るまでに目薬をささなければ…など、

日ごろのタイムスケジュールは、

母の生活スタイルに合わせるようになっています。

 

これ、当たり前なんだと思っていたら、

ケアマネージャーさんが、

ショートステイを定期的に使うことも考えたら?

完全に離れることも大事ですよ。

とアドバイスしてくれました。

 

確かに、最近

「疲れた」と感じたり、

「疲れたな~」と声に出たりして、

驚いたことがありました。

休息したり、気分転換も得意なつもりでしたが、

心底できていないのかもしれません。

 

コロナでいろいろな催しはできないそうで、

母にとってはちょっと退屈かもしれませんが、

嫌なことしか言わない娘と離れ、(笑)

母もショートステイで、

心底ゆっくりできたらいいなあと思います。

 

筆:まつえ

アイスはバニラ派です。

f:id:apron2019:20210610131554j:plain

パフェキャンドル

アイスクリームって年中おいしいですよね。

エプロンのメニューでは、

コーヒーゼリー

クリームソーダ

グラノーラアイス

に、アイスクリームがのっています。

 

わたしは固いアイスが好きなので、

アイスをのせたらすぐに持ってきてほしいタイプです。

いつか、店長とファミレスで頼んだ時、

アイスがかなり溶けていたので交換したもらったことがあったっけ。(笑)

 

バニラアイスが一番好きですが、

ハーゲンダッツの場合は、

マカダミアが1位です。

時々カスミスーパーでお安くなることがあり、

その時は、おお~~!!っとお買い求めします。

 

そんな話はこれくらいにして・・

 

7月17日(土)にパフェキャンドル作りをします。

14:00~16:00  

どなたでもご参加いただけます。

たまに無心にこういうことをやると、

気分転換になるな~と思います。

一緒にやりませんか?

 

親子でもお一人でもお友達とでも

お気軽にお越し下さい。

 

お申し込みは

店頭、お電話 047-779-4662

フォームからお受けしています。

店頭には見本もありますので、ご覧ください!

 

それでは今日も暑いので、

水分補給を忘れずにお願いします。

 

キャンドルワークショップ

日時:7月17日(土)14時〜16時
参加費:2000円+ワンオーダー(ドリンク)

※付き添いの方もワンオーダーお願いします。
持ち物:持ち帰り用の紙袋
    汚れが気になる場合は、エプロン
講師:MIKI TANAKAさん

 

筆:まつえ

 

 

親との関係

NHKプラスに登録して、

「親を捨ててもいいですか?」虐待・束縛をこえて

見逃していたクロ現を見ました。

本当は、あえて見逃したのですが、

ニッコさんから「クロ現やってるよ、親との関係」

ともらったLINEに、

「わ、見逃した、ありがとう~配信探して見るね」

などと調子のいい返事をした嘘もいやだったので

やっぱり見ることにした。

 

のっけから親の葬儀を代行業者さんに任せた

という人のはなしでなかなか強烈

 

暴力をふるう親を殺してやりたいと思った人

なのに認知症になったので面倒をみている人

しかも

暴言をはかれているのに捨てられない人

いくつかの親子関係に触れるが、

背景は異なっていても

真ん中にある親への複雑な思いはみんな一緒

わたしと一緒

 

親の面倒をみるのは当たり前

そういう風潮に苦しむ子がいる

40にも50にも60にもなろうかというのに

子である自分がここにいる

 

「親を捨ててもいいかと聞く人に

カウンセラーぐらいはいいですよと言ってあげたい。」

と、信田さんという人が言っていた。

こんな人が常にそばで

あなたの気持ち、それでいいよ

みんなそうだよ

いいよいいよと言ってくれたら

どんなに気持ちがラクになるだろうか。

 

がぜんこの方に興味がわいたので調べてみたら、

著書もたくさんあった。

今月から船橋市認知症カフェPR支援事業としての

オレンジカフェも開催するのだが、

介護者の心がラクになる本の紹介や

貸し借りもいいかもな・・

 

なんか気楽な

楽しい時間にしたい。

なんにもしなくてもいいし

突っ伏して寝ててもいい

無理に思いを共有する必要もないし

自分だけ好きなだけしゃべって帰ってもいい

聞くし、

聞かないかもしれないし、

途中からはわたしがずっとしゃべるかもしれない(笑)

 

クロ現、ここで見れます。

配信終了間近のようなので見たい人はお早めに

あ、今夜まででした!!!

NHKプラスヘの登録が必要ですが

登録すれば無料で見れます

5/13(木) 午後10:30 まで 

https://plus.nhk.jp/watch/pl/c62990e7-250f-4817-b8ed-8c3366df4c87

 

今夜はヤングケアラーをやりますね。

見逃さずみようと思います。

 

筆:まつえ

 

 

 

不登校の子を持つ親のための

こんにちは。

エプロンの三島です。

エプロン高根公団カフェは、

5月5日までお休みを頂いております。

6日より通常営業となりますので、

どうぞよろしくお願い致します。

 

さて、毎月開催をしている

ターコイズカフェ」。

不登校だけに関わらず、

子育てや、親としての

不安や悩みを話したり、

経験者の声を聞いたり、

情報交換をしたりしています。

美味しいお茶を飲みながら、

時には涙あり、笑いあり、

同じ想いを持つ親同士の

ホッとする時間です。

どうぞお気軽にご参加ください。

 

そして、5月より月1回

不登校の子を持つ親のための

心の片づけ読書会

ターコイズMカフェ~」

を開催します。

すでに先にスタートしている

「介護者のための心の片づけ読書会」

のメンタルオーガナイザー

松林奈萌子さんと一緒に

「しなやかに生きる 心の片づけ」の

本を読み進める会です。

 

介護者の・・ですでに月1回

参加している松江から、

「自分の心の中が見つめられる、

良い時間だよ」と聞き、

是非始めようと決めました。

全8回。連続でも1回ごとでも

ご参加頂けます。

こちらも不登校に限らず、

子育て中の不安や悩みがある

方もお気軽にご参加ください。

 

不登校の子を持つ親のお話会

ターコイズカフェ」

5月7日金)15時~17時

 

不登校の子を持つ親のための

心の片づけ読書会

ターコイズMカフェ~

5月11日(火) 14時~16時

※本の準備が必要です。

事前にご購入いただくか、

当日先生から購入することもできます

 

詳細とお申込みはこちらから↓

reserva.be